ブログトップ

very berryの苺一会

fruitsu3k.exblog.jp

カテゴリ:パリ日記( 10 )

旅日記完!!!!

ル・コルビュジエのアトリエを最後に
この旅の全日程が終わってしまった。
後は日本に帰るのみ。。
とうとうこの時がきやがったな!!
ちくしょう。
でも、よく体がもったよ。
今回の旅のテーマが
『日本に帰ったらゆっくりしよう』
なので、満足いく旅になったし、帰るのも仕方ないとわりきれる。
仕事で迷惑かけてるし。
また長いフライトがあるんだよな、、
最後まで僕達につきあってくれた
タクシードライバーのスティーブ!!
心からありがとう。
c0123990_14124067.jpg

名古屋で会える日を楽しみにしてるよ。


さぁ、日本に帰ろう!!!




あとがき


国によって違いのある文化や歴史。
深い所は深い部分まで行ってしまいそうな時もありました。
でも、理解しないまま感じるのはタブーだなと。
日記には書かなかった失敗談、色々とありました。
何も知らなく感じるのも良い方法だと思ってた僕は
興味があればズケズケと入り込んで失敗!!
でも失敗は人を成長させることを学びました。

そんなことをくよくよしてらんねー
っと、本当に楽しく毎日を過ごせました。

初の海外、しかもろくに英語も話せない僕が
こんなに充実した日々を過ごすことが出来たのは
ガイドさん aka Kimieさんのおかげです。
c0123990_14163776.jpg



永い間、この旅日記に付き合ってくれたみなさん!!
ありがとうございました。
サラッと書くつもりがこんなにも時間がかかるなんて、、
自分自身もびっくりです。
旅からちょうど1ヵ月、僕はまだスペイン、パリにいます。
1年ぐらいは気持ち、いってるんだろうな。笑


さぁ、また旅の出発だ!!!!


終わり
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-23 14:24 | パリ日記

ル・コルビュジエ

c0123990_21249100.jpg
c0123990_213721.jpg

c0123990_2134675.jpg

c0123990_2142319.jpg
c0123990_2143371.jpg

c0123990_2120159.jpg

c0123990_214443.jpg

c0123990_21221485.jpg

c0123990_2145635.jpg

c0123990_21234548.jpg

ル・コルビュジエ財団公式サイト
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-18 21:11 | パリ日記

タクシードライバー

やる気があるのか無いのか、、
ようやく地図を見てくれた。。

ガイドさんが英語で一生懸命伝える。
悪いことをしたなと心の中で詫びる。

タクシーにはナビがあり何とかなりそうだ!!!

ドライバー、音量下げる気配なし
しかもいきなり奇声をあげたと思ったら
信号待ちで隣の車の女性に話しかけるは、、

僕等はこのドライバーの悪口で盛り上がり
無事着くことを願った。


しばらく走るとドライバーが英語で
「どっから来たんだ?」

「日本」

「wuoooooooo!!!!!!」

「東京か?」

「いや、名古屋」

「wuoooooooo!!!!!!!」っといちいち奇声をあげる。

コレにはガイドさんも呆れ、この人大丈夫と
悪態をつく。

「SA・KA・E」

「えっ?」っと耳を疑った!!!

「覚王山」 ※覚王山は名古屋市の地名

「えっ?」っと今度はハッキリと日本語が聞こえた!!!!!!!

えぇーーーーーー」と僕等はビックリした。


「名古屋に住んでたんだよー」
「覚王山に住んでた」
「新栄で遊んでたよ」


なんとも上手な日本語だこと、、


僕等は彼に悪態を詫びたのは言うまでも無い、、


偶然に出会いここからの短い時間だったが
彼と過ごしたタクシーの中での思い出は
僕にとって忘れることの出来ないかけがえの無い最高な時間になった!!!


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-18 20:52 | パリ日記

LADURÉE

今日でこの旅も最終日
飛行機の時間までどう過ごすかが問題だ。

この日の行動も実にスムーズ
ホテルでチェックアウトを済ませ荷物を預ける。
そして、帰りの空港までのタクシーの手配を済ませ
朝のパリの町へ。

朝食は公園で食べよう!!
てことになり、美味しそうなパン屋で各々食べたいのを選び
チュイルリー公園

このチュイルリー公園はルーヴル美術館の真横にあり
c0123990_18525193.jpg

なんとも優雅な朝食だ。

この公園の特徴は、色々な景色が楽しめる
例えばオルセー美術館が見れたり
c0123990_1857853.jpg

外観だけでも近くで見れ大満足だった。


ゆっくりとした時間が流れていたが


次の目的地LADURÉE(ラデュレ)
サンジェルマン地区のボナパルト通りにあるラデュレへ
c0123990_197613.jpg

c0123990_19234745.jpg

ラデュレはあのマカロンのだよね。
そう、映画「マリー・アントワネット」ね。
衝撃だったな。
映画に登場するカラフルかつゴージャスなスイーツ
監修を担当したことでも話題になったよね。
そうそう、もうすぐ銀座にオープンするんだよ。

そんな会話をしながら店内へ

c0123990_19212971.jpg
c0123990_19214437.jpg
c0123990_19215656.jpg

店内のゴージャスな雰囲気に上品な味に大満足。


満足した僕等は店内でミーティング
ここでガイドさんからのサプライズな提案
ル・コルビュジエのアトリエ見たい??

「お願いします」っと即答。

このアトリエは場所がかなり離れているため
僕自身諦めていたのでとてもうれしかった!!

店を出た僕はテンションも異常なほどあがっていた、、
流しのタクシーを捕まえるため路上に飛び出し
手当たり次第タクシーにコンタクトしてみるも、、
パリでは流しのタクシーは全く捕まらない。。。
時間に余裕が無いのと僕のテンションで冷静さを失っていた。


そんな時、遠くの方からクラクションを鳴らしまくる音が聞こえた。


その車はクラクションは鳴らすは
窓全開で音楽はガンガン!!


「タクシーじゃん!!」


僕は冷静さを失っていたのでこのタクシーにもコンタクト。


そしたら止まったので地図を見せてここまで言ってくれるか?
っと聞いてみる!!


僕等の問いには答えてくれない、、


「乗れよ」


不安だらけのタクシーの旅が始まった。。


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-18 20:12 | パリ日記

in Paris

c0123990_04541.jpg
c0123990_051563.jpg
c0123990_053528.jpg
c0123990_055858.jpg
c0123990_061885.jpg
c0123990_063264.jpg
c0123990_065116.jpg
c0123990_071489.jpg

Mimi??
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-18 00:08 | パリ日記

名所巡り②パリのシンボル

ホテルに戻ってしばらく休息
なんてしていられないほど空腹で
ホテルの近くには日本食の店が何店かあり
懐かしい匂いにいてもたってもいられず
お互い「ラーメン」を選択メーン!!
味は触れるほどでもないのだが、、

後で聞いた話しだが、知人のパティシエがパリに視察の際は
必ずこの店を訪れるとなんとも偶然

「ラーメン」は日本の味!!


名所巡り②


地下鉄を使いまず初めに向かったのが
凱旋門
c0123990_2312037.jpg

夢中で車にひかれそうになった。

僕が立っていたのがシャンゼリゼ大通り
c0123990_23141344.jpg

世界で最も美しいと形容される通り

凱旋門はナポレオンの死後15年
1836年に完成
c0123990_23175643.jpg

歴史に触れてみて規模の大きさに圧巻


続いて向かった先は
凱旋門と並ぶシンボル、エッフェル塔


c0123990_23224912.jpg

ライトアップされたエッフェル塔は何度見てもいいとガイドさん


そしたら思いもよらない出来事が、、


c0123990_23254515.jpg

点滅しだしたのには驚いた。


いつものことなの??
初めて見る。っとガイドさん
時間も0時を過ぎたことだし、こんなこともあるんだなと。。


若者の異常な盛り上がり
ワインボトル片手に狂喜乱舞
パリの週末の夜はこんな感じなの??
「最高」じゃん!!


後で聞いた話しで解ったのだが、、
この日は学生の終業式だったみたいだ!!
ようは明日から夏休みで浮かれている訳ね。
逮捕者も出た有様だったようで、、


とくにかくにも、こんな特別な日に僕等は
「ラッキー」を頂いた。


c0123990_187820.jpg



タクシーを乗るのに時間はかかったものの
2時にはホテルに戻り、荷物をまとめ
明日でというか、起きたらこの旅も終わりなんだと、、
感傷に浸るまもなくベットに崩れ落ちたと同時に眠りについた。


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-17 23:48 | パリ日記

名所巡り①

ギャラリー、ピカソを満喫した後は
休むことなく次の目的へ

ガイドさん aka Kimieさんのバイイング
写真など見せることは出来ないが、、
すさまじいバイイングを目の当たりにした僕は
彼女を改めて恐ろしく想えた!!笑
ってのは冗談で。。
「時間がないから」を連発する彼女は
ものの10分程度でキッチリ仕事をこなす。
次の店でも!!
coooooooooooool!!!!!!!
最高級の誉め言葉だ。


バイイングを終えしばし休息
パリでも白夜のせいでなかなか日が落ちない
僕にとっては明日でこの旅も終わることを考えれば
夕日がとても切なく思えた。


一度、ホテルに戻って夕食をしよう
の、前に。。
ガイドさん「まだ歩ける?」
「なんで??」っと僕
ガイドさん「見せたい所があるんだけど」


しばらく歩くと見えてきたのがパリ市庁舎
c0123990_214532.jpg


そしてセーヌ川
c0123990_21131334.jpg


を、渡るとそこに見えてきたのが
c0123990_21173881.jpg
c0123990_2117491.jpg

ノートル・ダム寺院

ホテルの近くではルーヴル美術館
c0123990_21222472.jpg



一言「感動」。


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-17 21:27 | パリ日記

巨匠

マレ地区には数えきれないほどのギャラリーがある
そのことは前回話したが
歩いていればあっちにもこっちにも
何処を見たいかはその場のノリで決まる。

一歩中に入ればアーティストのストーリーがあり
その空間の面白さを数分で楽しめた
情報も何も無い中でアートと向き合う醍醐味!!
中にはここは違うと思う所もあったが、、
あくまでノリ重視なのでお構いなしだ!!


“Le SAS”Artydandy
Artydandy←myspace


↑ここに行きたく歩きに歩いて検索していたら

ふとっ、ピカソ美術館の近くまで来ていることに気がつき
閉館の時間まであと1時間はある。
そこからの行動は早かったのは言うまでも無い。。


c0123990_2311068.jpg

この扉の先には
ピカソ自身が手放さなかった愛蔵品が数々


年齢を重ねるごとに作風を変えていったが
絵画以外にも、彫刻や陶芸、版画、絵本に至る作品
それをピカソの年代順に鑑賞することができる


巨匠の作品で遊ぶ僕等はどうなの?
c0123990_2344541.jpg

こんなことが楽しいの♪


c0123990_23491488.jpg

僕でも知っている作品も何点か展示してある。



僕が感じたのは
ピカソが幾つになってもヤンチャぶりが
作品を通して感じ取ることが出来た。


面白いな!!!


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-14 23:57 | パリ日記

マレ地区

ボンジュール!!

フランスに来てまず戸惑ったのが言葉。。
ボンジュール。ボンソワール。メルシィー。ウィ。ノンノン!!
あいさつ程度の言葉ならまだいいけど
会話となればなんかホワホワしていてなに言ってんだか。。

スペインではオラー。
誰と会ってもオラー。鼻歌まじりでオラーオラー♪
最後はグラシアス!!と何とかなるもんだ!!

スペインに馴染みすぎたのか
フランス語はどうも抵抗があり
英語のあいさつになっていた僕。

郷に入れば郷に従う
そんなことわざはいっさい無視だった。。



ホテルに着いたのが14時ぐらいで
僕はベットに倒れ込みたいのをグッと我慢して
ひとまずシャワーを浴び気分転換しパリの町へ。


実はパリに着いてのからの予定は悩みに悩んだ挙句
マレ地区に行くことになった。
グラナダからパリに向かう最中に決まったのだが
色々と案はあった。。
ヴェルサイユ宮殿に行く案は最後の最後まで悩んだけど
移動時間など考えやめた。
と、いうより、、
スペインでは散々タイムスリップした経験をしてきた
なら、フランスでは「今」を感じようと話しにまとまった。

そこで僕等が目をつけたのが「ギャラリー」

規模がデカイ所は時間がかかる
なのでルーヴルやオルセーなど規模のデカイ美術館は
行きたかったけど外見を見るだけにした。
それでも僕にとって大満足だったけど。
「ギャラリー」なら美術館と違い出入りが気軽だし
提案するアーティストの「今」が感じられる
時間の無い僕等には最良の案だった。


ホテルから地下鉄を使ってマレ地区へ
ここマレ地区はギャラリーが接近していて町のあちこちに


僕がガイドさんにお願いして、ここに行きたいと連れて行ってもらったのが
ギャルリー・フレッシュ・アティチュード
「食」がテーマの異色なギャラリー。

入ってすぐ作品に出会うだが、
ここは図書館?というぐらい沢山の「食」に関する本に驚く。
いくつか欲しい本に出会う。でも売り物では無いと。
残念。。地道に探すしかないな。


c0123990_22262921.jpg
c0123990_22264012.jpg
c0123990_22264967.jpg

c0123990_22271234.jpg

思いがけない発見をした
運営するのがフランス野菜果物同業者組合。
面白い!!


町を歩くことによって思いがけない発見がある。


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-10 22:51 | パリ日記

グラナダ→パリ

朝1番の便でまずはマドリッドへ
搭乗手続きをするために列に並ぶ
以外にも人の多さに戸惑いながら。。
この頃には僕の目は覚め、人間ウオッチング!!
観光を楽しんだであろう親子やカップル。
そして、背広をきたサラリーマンを見かけた。
マドリッド系由で行くと、さすがスペインの首都だけあって
働いているぞー的なサラリーマンが多い。
この光景を見ると、日本での仕事を思い出す。。
長期休暇をくれた会社の人に感謝の気持ちを再確認し
寝てなんかいられねーっと、パリでもガンガンと攻めていこうと!!!


グラナダからマドリッドまでは1時間
マドリッドからパリは2時間


さぁ、いよいよパリの中心部へと


パリでのKimieさんのガイドぶりは素晴らしかった!!
仕事で年に2回は来ていることもあり頼もしい限りだ。

空港から中心部に行くにはタクシーで行くのかと想ったのだが、、

「道も込むしバスで行くよ」
「このバスはホテルの近くまで行くから」

まず目指したのがこの日泊まるホテルがある1区へ

着いてそうそうまず僕の正面には
オペラ・ガルニエ
ここはオペラ通り

c0123990_121572.jpg

おぉー着たぞパリ。

テンションは上がるが
荷物の多さと
とうとうこの旅の疲労もピークに達していた僕は
一刻も早くホテルに行きたかった!!!


つづく
[PR]
by veryberryblog | 2008-07-09 12:12 | パリ日記